お金が貯まる家計簿のつけかたと簡単な節約術を考える

お金が貯まる家計簿のつけかた

つい面倒で家計簿が続かない。
家計簿の項目が細かすぎて書き方がよくわからずすぐに挫折してしまう。
レシートをちゃんと家計簿に写しているのにお金が貯まらない。

なんて方も多いだろう、家計簿問題。
いったいどんな方法ならお金が貯まりやすい家計になるのでしょうか?

まずはなぜ家計簿をつけるのかを知ることが大切です。
家計簿はつけるのが目的ではなくて、家計の収支を把握するのが目的なんです。

ただレシートを書き写すだけ、自分に合わない項目の家計簿を使う、という家計簿の使い方ではつけるのも億劫ですし、収支の流れがよくわかりません。
自分の中で食費・日用品・娯楽費などいくつかのわかりやすい項目を作り、それぞれの項目にいくら使っているのかを把握しましょう。
その時、年単位で必要な物や、家電の新調など大きな出費の物は別にするとよいです。

そして、1月たったら項目ごとに収支を計算します。
すると、今月は黒字なのか赤字なのか、赤字の場合どこに無駄があったのかが見えてきますね。
その反省から今後に生かしていくことが家計簿の一番の役割なんです。

そのためには、家計簿を無理なく続けられること、そして項目が自分に合っていることが大切です。
市販の家計簿や家計簿のアプリなどの中から自分に合っているものを見つけることができればそれでもいいですし、いっそ自分で家計簿を作ってしまうのもおすすめです。
作り方は簡単!自分が使途を分けることが出来るような項目をいくつか横軸に羅列し、仕切って線を入れるだけ。

あとは縦軸に日付ごとに支出を書いていけばいいんです。
空いた欄に目標なんかを書いておくのもいいですね。
もちろん、一度作った形で続けなければならないこともありません。
自分が続くように変えていっていいので、自分に合った家計簿をつけて支出の流れを把握しましょう。

簡単な節約術を考える

なるべくうちは旦那しか働いていないのでキッチリと家計簿をつけます。

そして、細かくレシートを管理して無駄な出費をしていないかいつも確認する事が大事だと思っています。なるべて服は買わないように、友達の子どものお古を活用したり、リサイクルショップの古着を活用したりしています。

電気はなるべく節電するよう、子どもにも旦那にもいつも話しています。また、買い物に行くときはなるべく車を使わず、自転車で近くのスーパーまで行くようにしています。運動にもなるので一石二鳥です。

天気がいい時に自転車を使うのはかなり気持ちがいいです。また、食費はなるべく出費を抑えるために色々な事を考えます。近くのスーパーで安売りしているものがあればそこまで自転車を走らせていきます。

他にも安いものが別の店にあれば、そこまでまたスーパーのはしごをします。なるべく出費を抑える為、安く買えるもので食事の準備をや献立を考えます。1ヶ月の食費を考えてなるべくそこでやり繰りをします。

なるべく外食をしないように、献立も飽きのこない献立も考えます。主婦も忙しいですが色々と考えたりする時間はたくさんあるのでそういうことを考えながら過ごすのはとても楽しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする