主婦でもできる投資のリスク軽減方法と利率が良かった昔の定期預金をへそくりに。

image267

株式や債券などは買って持っているだけで資産が増やせる簡単な方法です。しかし、運が悪かったり買う銘柄を間違えたりすれば、必ずリスクが伴う危険がある資産運用法でもあります。そんな危険が伴う事を一般人が家事や仕事の片手間でできるとは考えにくいですが、練習や買い方でコツコツと上手く資産運用ができるようになるのです。

まず、株式に挑戦したいと思ったなら、知識がないままいきなり株を買ってしまうことはかなり危険が伴います。株は安いものではないので、まず欲しい株に目星をつけたら株のシミレーションゲームで疑似運用を体験し、経験を積むことが重要になってきます。

今は携帯のアプリなどをダウンロードするだけで簡単に無料で体験できるものが沢山あるので、実際の株の買い方や上がり下がりなどを本物さながらに練習できるので、こういったもので経験を積んでおく必要があるのです。

このようなアプリは株に関するニュースも配信されているので、新聞やテレビだけでは情報量が足りないので、株を買う時の参考にもなります。投資をゲーム感覚で簡単に始められるので忙しくても時間が少しあればチェックできて、リスクがある実際の株式を購入する前の段階での練習にはもってこいです。

結婚する前はバリバリのキャリア・ウーマンで、男の人と肩を並べて朝早くから終電まで働いていました。結婚を期に退社し、家庭に入り、双子と三つ離れた三男の育児に没頭する日々でした。主人は自営業を営み、毎月固定給をもらえる職種ではなかったので、少ない時は私が独身時代に貯めたへそくりで、家計を補っていました。私がキャリア・ウーマンの頃は、一度定期預金という形で貯蓄をすると、今の15倍の利子が付いていました。今の定期預金では、税金を引かれてしまうと利子など無いに等しいです。

当時、私は無駄使いをせずに将来の為にと、ボーナスが入るとすぐに定期預金として預け入れしていました。あれから10年、利子が雪だるまのように増えていた現在です。子供が幼稚園に入るとき、我が家の第一次家計危機がやってまいりました。双子の為、入園金や制服代その他諸々の諸経費は二倍で一気に出費です。産まれた時から常に二倍の出費だとは分かっていましたが、幼稚園は私立だったので、予想以上の額でした。そんな時に限って半年前からまた主人の会社の低迷期が続き、またまた私のへそくりの出番です。

独身時代に貯蓄をしておいて本当に良かったとこの時に痛感しました。そして、子供は成長し双子は高校受験、三男は中学受験トリプル受験で、今まで見たことのない額の出費で我が家の第二次家計危機が襲いました。私のへそくりはこの時点で底をつきましたが、このへそくりのおかげで乗り越える事が出来ました。

0になったへそくりでしたが、我が家の危機を救ってくれた救世主です。もうこれほどの出費はないと思うと、へそくりももうそれほど必要ないかなと思いますが、何があるか分かりません。また明日からコツコツへそくり作りに励みたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする